ドラゼミの口コミ評判、料金、英語科目などを進研ゼミと比較

この記事を3点でまとめると

1.ドラゼミは安い料金でクオリティの高い教育が受けられる通信教育。
2.ドラゼミは幼児(年少・年中・年長)から小学生1~6年生まで利用できる。
3.幼児教室や塾に通わせる余裕がない人にはドラゼミがおすすめ。

ドラゼミは、保育園や幼稚園の年少・年中・年長の子供や小学1年生から6年生までが利用できる通信添削学習教材です。
非常に安い料金で、高クオリティの教育を受けることができるため、幼児教室や小学校の塾などの送迎などをする時間的な余裕がない人にもおすすめです。

小学館の通信添削学習 ドラゼミのメリット

■幼児教室や塾に通うよりも料金が大幅に安い!
■小学館の90年の教育の歴史で培ったノウハウが詰め込まれている。
■添削が丁寧で子供の勉強の理解を助けてくれる!
■子供のペースで学習が可能♪

ドラゼミについて詳しく知りたい方はコチラ

小学館の通信添削学習 ドラゼミとは

小学館の通信添削学習 ドラゼミといえば、子供はみんな大好き、ドラえもんのキャラクターが使われている通信教育教材です。

ドラゼミには小学館が90年以上の年月をかけて培ってきた教育ノウハウが詰め込まれているので、子供がただ勉強をするというのではなく、楽しみながら学ぶことができます。

ドラゼミの良いところは、お子さんがドラゼミで勉強していくことで、自分で計画を立てて学習をしていく習慣がつくられることです。

ドラゼミは自分のペースで勉強していくことができますので、幼児教室や塾の場合だと少しペースが速すぎるかも……と心配をされているママさんも、安心して勉強していくことができるでしょう。

また、ドラゼミは、きちんと訓練を受けた添削者が、ただ採点をするだけでなく、お子さんの学習の理解に合わせて的確なアドバイスや解説をしてくれるため、子供の能力を引き出せるような非常に丁寧な教育が期待できます。

対象年齢3歳~12歳
入会金0円
月額料金(月謝)1674円~4737円
講師訓練を受けた高い能力を持つ
添削者が採点・解説

ドラゼミは、イード・アワード2015年の最優秀賞を受賞した通信教育教材ですので↓、通信教育を初めてやるという人にもおすすめですよ。

すみと画像9-2

目次へ戻る

ドラゼミの口コミ評判

小学館の通信添削学習 ドラゼミは口コミでも評判になっている通信教育教材です。
そんなドラゼミでは、どんなことが評判になっているのか、具体的な口コミについて集めてみました。

30代前半専業主婦ママの評判口コミ

ドラゼミ
利用コースプチドラゼミ年少コース
子の年齢3歳
子の性別女の子

小学校に入る前の準備のためにドラゼミの年少コースを申し込みました。

3歳のドラゼミ体験ですから、うちの子にとってもこれが初めての学び。
興味を持ってくれるかな、と心配ではあったのですが、ドラえもんのことが好きなうちの子は、興味津々で飛びついてくれました。

ドラゼミの年少コースのコンセプトは『親子で楽しく学ぶ』ということで、そのコンセプトから外れることなく、親子で一緒に楽しくお勉強することができたかと思います。

娘が一番喜んでくれたのは、絵本のページで、読み聞かせてあげるとじーっと耳を澄ませて聞いていました。
教材で遊んでいるうちに自然ともじやことば、かずに興味を持つようになっているのが嬉しかったです。

実は資料請求の段階でも、すごろくがついていたので、早くもうちの子は大喜びで期待度が高まっていたんですよね。
結果は、見ての通り、大成功でした。
ドラゼミを頼んで良かったです。

おやこノートという教材もついてくるので、ワークブックの狙いや進め方を理解した上で、子供と一緒にドラゼミを勉強していくことができました。私のように自宅で一緒に子供とお勉強したい人には、ドラゼミはおすすめかと思います。

30代後半パート主婦ママの評判口コミ

ドラゼミ2
利用コース小学3年生コース
子の年齢9歳
子の性別男の子

ドラゼミをやっているおかげで、最近、小学校のテストで良い点を取って帰ってきます。テストだけでなく、授業に関しても手を挙げることが多くなり、学校の先生に褒められているみたいです。

具体的には、ドラゼミをやる前は漢字と掛け算が苦手だったのですが、だんだんとできるようになってきました。

こくごについても、文章の読解力が上がってきた感じがあります。
面白い読み物を使って問題を出してくれるので、続きが読みたい本は図書館で探して読ませてあげることに。

以前は漫画しか読まなかったのですが、最近は、文字だけの本も読むようになってくれてとてもうれしいです。

いかがでしたでしょうか。

小学館の通信添削学習 ドラゼミの口コミ評判は、かなり好意的なレビューが寄せられており、小学校の入学の用意や、小学校の授業をより理解できるようにするためにドラゼミを受講するのなら非常におすすめです。

ドラゼミは、とても安い料金でクオリティの高い教材で勉強することができるため、経済的に幼児教室や塾にお子さんを通わせる余裕がないという人や、時間的に子供を送迎する余裕がない人にも心強い味方となってくれるでしょう。

目次へ戻る

ドラゼミの料金(値段・月謝)

ドラゼミの気になる料金(値段・月謝)についても紹介しますね。

ドラゼミの料金(月謝・教材費)を、表でまとめてみましたので、ぜひコチラも参考にしてみてくださいね。

【ドラゼミの料金(月謝・教材費)表】

コース名毎月払い6カ月分一括払い12カ月分一括払い
年少コース1998円1858円1674円
年中コース2268円2149円1922円
年長コース2268円2149円1922円
小学1年生コース3333円3137円3045円
小学2年生コース3333円3137円3045円
小学3年生コース3657円3435円3343円
小学4年生コース4089円3847円3734円
小学5年生コース4413円4145円4032円
小学6年生コース4737円4454円4331円

ドラゼミの料金(月謝・教材費)は、ご覧のとおり、かなり安いです。
特に毎月払いでなく、6カ月分一括払い、12カ月分一括払いで支払いをすれば、更に安くなるので、よりお得になります。

年少コースの場合、12カ月分一括払いでお金を支払えば、毎月1674円相当で利用ができるので、通信教育教材でも最高クラスの安さとなります。

また、ドラゼミならば、一番高い小学6年生コースも5000円以下で利用することができます。

それと比較すると塾に通った場合は、月々5000円で受講することなんてできませんし、安くても8000円以上はかかるでしょう。

なので、できるだけ安く、良質な教育を受けたいというママさんには、ドラゼミの利用をするのもおすすめですよ。

目次へ戻る

ドラゼミは英語科目もあるか

ドラゼミには英語科目もあるのでしょうか。

結論から言えば、ドラゼミは英語科目もありますので、お子さんの英語力を付けたいというママさんにもおすすめです。

ドラゼミは、Edu Talkという教材もあり、こちらは絵本にペンでタッチするとペンが英語で喋り出すので、お子さんも楽しく英語を学ぶことができるでしょう。

ドラゼミは教材一つ一つをとってみても、お子さんの知的好奇心を刺激するつくりとなっているのが嬉しいですよね。

すみと画像9-3

ドラゼミの対象年齢は年少・年中・年長のみ?

ドラゼミの対象年齢は年少・年中・年長と保育園児、幼稚園児のみ、という噂を聞いたのですが、これは本当なのでしょうか。

結論から言えば、ドラゼミは年少・年中・年長の保育園児、幼稚園児以外も受講をすることができます。

ドラゼミは、年少・年中・年長だけでなく、小学1年生から小学6年生まで利用することができるため、小学校のお子さんがいて、学校の成績をもっと上げたいというお母さんにも、ぜひ、ドラゼミの利用を検討して欲しいな、と思います。

ドラゼミのメリットは、安い料金(値段・月謝)で質の高い教材で勉強できるだけでなく、勉強を教えてくれるキャラクターとしてドラえもんが使われているため、子供の興味を持続させやすいことです。

ドラゼミは、ドラえもんが好きなお子さんでしたら、楽しんで勉強をすることができるでしょう。

目次へ戻る

ドラゼミを進研ゼミ小学講座チャレンジと比較

通信教育を利用することを考えているママさんの中には、ドラゼミにしようか、進研ゼミ小学講座チャレンジにしようか迷っているという人もいらっしゃると思います。

そんなときは、どの教材を選べばよいのでしょうか。

結論から言えば、ドラゼミと進研ゼミ小学講座チャレンジでは、私はドラゼミが良いなと思いました。

なぜなら、ドラゼミにはいくつものメリットがあるからです。

【ドラゼミのメリット】

・安くて教材の質も良い
・ドラえもんが勉強を教えてくれるので楽しく学べる
・毎月ドラえもんに手紙を出すことができる
・国語と算数2教科だけなので、とてもシンプル
・小学館のイベントに参加できる

ちなみに進研ゼミ小学講座チャレンジのメリットについても紹介しておくと、

【進研ゼミのメリット】

・4教科ある。(国語、算数、理科、社会)
・理科の実験などの付録教材が面白い

上のようなものがあります。

進研ゼミについては、教科がドラゼミより多いので、その分、社会や理科についても学習できますが、その代わりに教材が多くなるのでお子さんが整理し切れなくなる不安もあります。

また、進研ゼミは口コミ評判によれば、ふろく教材にはお子さんは興味を示すものの、勉強についてはあまりしないという悪評もありました。

勉強については、進研ゼミよりも皆さんにお馴染みのキャラクター『ドラえもん』をつかっているドラゼミの方が興味が持続しやすいのかもしれませんね。
ドラゼミの場合、こくごと算数という基礎をしっかりさせることに役立ちます。
ドラゼミには、社会や理科という科目はありませんが、こくごは社会や理科の文章を読解することに役立ちますし、算数は理科などの問題で計算をするときに使うことになるでしょう。

ドラゼミでまずは基礎作りをしっかりしておけば、理科や社会についても問題読解力や計算力がついているのでしっかりと対応できますよ。

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です