町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)の幼児教室でおすすめを紹介

この記事を3点でまとめると…
1 町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)は今後も子育てには最適な場所
2 町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)ではベビーパークがおすすめ
3 ベビーパークの教育とは?

町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)は横浜市、川崎市と隣接している市で、ほぼ神奈川県よりの地域となっています。

人口推移も年々増加し、30年前は20万人だった人口が、現在は40万人を突破するなど、東京都では八王子市に次ぐ規模の市となりました。

人口増加の大きな理由は、有名大学の移転によるものです。法政大学、玉川大学、桜美林大学、国士舘大学などの町田市移入によって、人口増加と、若者増加の傾向が生まれたのです。

そういった背景もあり、今後の町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)は子供が住むのに最適で、教育の場も多く存在する未来ある街と言えるでしょう。

幼児教室へ通うメリット

町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)にお住いの方へ、まず幼児教室のメリットをお話しします。幼児教室について馴染みの無い方は是非ともお読みください。

0歳から通うことが可能な幼児教室は、とにかく子供の早期開発を促す、非常に重要な場所です。最近では幼児教室に通うことが当然であるとの考えもあるほどです。

段階を追って説明しますと、1~2歳期に大切なのは、「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」を通じて、外部からの多くの刺激を受け、それらを感受するところになります。こられはもちろん幼児教室で賄うことが可能となっています。

異年齢のお友達との触れ合いや、親子での時間を大切にしながら、子供が能動的に行動できる環境と経験づくりを提供していくのが幼児教室の役割なのです。

また、講師の先生からの育児のフォローを参考に、日頃の子育ての悩みを解消し、お母さん同士のネットワーク作りにも役立つ場所になると好評を得ています。これは決して学習塾などでは補えることではありません。

町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)の方へ質問ですが、ちなみに大脳が著しく発達するのは6歳頃までと言われているのをご存知でしたか?この時期に良い刺激を受けると脳はどんどん発達していきます。

幼児教室では、この生理学に基づいて、とにかく子供が望むことを豊富に体験させ、脳を刺激し、芽生えさせて、その力をのびのびと育てる教育を行っています。

幼児教室おすすめ一覧はコチラ

町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)の幼児教室紹介

町田市(中町・原田町・つくし野・成瀬)の幼児教室でおすすめのところはベビーパークとなっています。子育てに適した環境にお住まいなのであれば、間違いなくベビーパークへの通室をおすすめします。

■ベビーパーク■
・町田教室
東京都町田市中町1-1-4 
No.R町田北4F

ベビーパークは生後2ヶ月から通うことができる早期幼児教育が特徴で、乳幼児から知性をしっかりと養うプログラムが組まれている幼児教室と大変好評です。

IQを伸ばすノウハウに基づいたカリキュラムが設定されており、先生方も大変教育熱心とのことです。これらを生後2ヶ月から行えば、将来自分の子供ではないのではないか?との錯覚も起こしてしまいそうです。

また3歳から通うことのできる教室も併設していますので、保育園や幼稚園と並行して長く通うこともできるというメリットがあります。

TOEベビーパークの詳細はコチラ

尚、様々な理由で幼児教室に通いたくても通えないといった家庭もあるかと思います。そのような方の為に幼児教室は通信教育なども行っているのです。

そしておすすめはとにかく子供が好きなドラえもんの力によって楽しんで回答できると評判の「ドラゼミ」「ぷちドラゼミ」です。

ドラえもんのキャラクター力は計り知れず、お母さんが促さなくても、一人で取り組むようになるのは必至です。通信教育ならではの、自宅で好きな時に好きなだけ勉強できるのが何より嬉しいことですよね。

ドラゼミの詳細はコチラ

幼児教室ベビーパークの教育とは?

人が社会的存在として心豊かで充実した人生を送るためには4つの柱が必要です。

ちなみに心豊かで充実した人生を送るために必要な4つの柱は、
・心(EQ・emotional quotient)
・健康(HQ・health quotient)
・運動能力(PQ・physical quotient)
・知的能力(IQ・Intelligence Quotient)
の4つに大別されます。

しかしながらこれらは対等の位置にあるものではなく、まず根底に穏やかな優しさとしなやかな強さを併せ持つ「心」がしっかり育っていなければなりません。

また、その上に良い食事習慣と生活習慣によって培われる「健康な体」を育むことが大切です。「心」と「体」の二つが健康な状態にあってこそ、初めて「運動能力」と「知的能力」の二つも活きてきます。

更には「運動能力」は、以下に分けて考えることができます。
・基礎体力・PQ(スポーツテストで測れるような基礎筋力や持久力・心肺機能の強さ等)
・運動技能(サッカーのリフティングやバスケのシュートのような専門的特殊技能)

これら全てを幼いころから活性化するお手伝いをするのがベビーパークであり、幼児教室の中でもベビーパークが特出している部分でもあります。

TOEベビーパークの詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です