子供を東大生にする幼児教室のしつけとは?

こちらの記事を3点でまとめると…

1.子供を東大生にするためには適切な「しつけ」が大切
2.知識の詰め込みだけでは東大には合格しない、様々な力が必要。
3.東大に必要な力を身につけるために、幼児教室で脳の土台作りをしましょう

幼児教室の中でも特に効果が高いTOEベビーパークに子供を通わせることで、東大生になる可能性が高くなるということを最初に述べておきましょう。

TOEベビーパークは子供の平均IQが140~153という、幼児教育の効果の高さを伺わせる幼児教室
となっております。

もし、子供を東大生にさせたいという方は、TOEベビーパークの体験授業を受けてみてはいかがでしょうか。

TOEベビーパークの詳細はコチラ

ca45b57e2791227445add0662d03a691

さて、日本で最もレベルが高く知名度も高いのが東京大学、通称「東大」です。

ご自身のお子様が東大生になってほしいとお考えのお母さま・お父さまも多いのではないでしょうか。

ただ、日本において「受験」というのは、どうしてもマイナスイメージが付きまとうものです。

知識の詰め込み、長時間の辛い受験勉強、スポーツなどを我慢して勉強しなければならない…そんなマイナスイメージでいっぱいなのではないでしょうか。

実を言うと、東大というのはそういったマイナスイメージとは懸け離れたものなのです。

きちんと正しいしつけを子供の頃からしていれば、自然と東大生になることもできます。

こちらでは、子供を東大生にしたいという保護者の方に向けて、子供を東大生にするしつけについて解説しますので、ぜひご参考にしてくださいね。

子供を東大生にしたい保護者の方へ

suuzi00300

最初に言っておきますが、子供を東大生にするために必要なのは「知識の詰め込み」ではありません。

自らの頭で考えて、自分の力で時間内に情報を処理していく力が求められております。

そのためには、言語力、論理力、情報処理・分析力などが必要になるのです。決断力や判断力なども必要になるでしょう。

それら全ての力を机の前での勉強だけで身につけられるはずはありません。

もちろん、知識が必要ないわけではありません、必須といえるでしょう。

言語力は言語の知識がないとお話になりませんし、知識がなければ論理展開なんて組めませんし、情報の処理・分析を知識なしで行うこともできません。

知識の詰め込みだけでは東大生にすることはできませんが、十分な知識がなければ東大に合格することは不可能です。

十分な知識を蓄えるためには、ただただ詰め込むのではなく、効率良く勉強して、意欲を持って知識を積み上げていかなければなりません。

知識の詰め込みは必要ではありませんが、広範な知識を積み上げることは必要となります。

こうなりますと、今度は知識を身につけるために必要な力について解説しなければなりませんが、それはひとまず置いておきましょう。

とにかく、東大生になるためにはたくさんの力が必要となります。

では、幼児にそういった力を身につけさせる保護者のしつけの方法とはどんなものでしょうか、そのしつけの仕方について下記に解説します。

子供を東大生にするしつけとは

東京大学

さて、「子供を東大生にするしつけ」には色々なしつけの仕方が考えられます、答えは一つではありません。

当記事では「自主性」「学習意欲」「自己肯定感」という3点の力を身につけさせる「しつけ」をすべきという結論を書こうと思います。

3つの力について、それぞれ解説しますので、ぜひご参考にしてください。

自主性

皆様のお子様はまだ幼児なので実感はないかもしれません。

東大に行くのは皆様ではなく、お子様です。

つまり、お子様自らが勉強して、自らの力で入試に合格しなければなりません。

お子様を東大生にしたいというのでしたら、お子様に自主性を身につけさせましょう。

学習意欲

東大に行くためには様々な力を身につけるために、日々学習をしていかなければなりません。

その学習を嫌がるようでは、お話にならないのです。

自ら「学習したい!」と考えて、積極的に学習できない子供は必ず東大合格前に躓いてしまいます。

そのため、お子様を東大生にしたいのでしたら学習意欲を持った子供にするようにしましょう。

自己肯定感

「自分なんかが東大に行けるわけないよ…ほどほどの人生でいいや」

こんな自信を持てない子供が東大に行けるでしょうか、行けないのです。

東大に行ける子供は「自分ならできる!」と自信を持っています。

そのように自信を持つことを「自己肯定感が高い」とも言います。

子供を東大生にする幼児教室とは

ベビーパークグラフ

以上の3つの力が東大生になるためには必要なのですが、果たしてどのようにしつけをしたらいいのでしょうか。

上記3つの力を身につけられるのが、冒頭で紹介したTOEベビーパークのような幼児教室です。

TOEベビーパークは平均IQが高いですが、別に知識の詰め込みを行うような幼児教室ではありません。

ですが、上記の3つの力が自然と育っていくカリキュラムになっているため、結果的に東大生に合格する子供になれるのです。

TOEベビーパークは保護者の方への子育てレクチャーにも力を入れており、お母様の自宅での子育てについてサポートしてくれます。

TOEベビーパークの授業を受けて、TOEベビーパークの子育てを実践していけば、東大に合格できるだけの脳の土台が完成するのです。

そのため、子供を東大生にしたいというのでしたら、ぜひTOEベビーパークへの通塾をご検討ください。

当記事の解説だけでは不安という方は、ぜひTOEベビーパークの体験授業の受講も検討してみましょう。

TOEベビーパークの詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です