天才児を育てる方法→子供は赤ちゃん・幼少期の英才教育が一番大切

この記事を3点でまとめると

1.天才児を育てる方法はある。
2.天才児の育成の鍵は、赤ちゃん・幼少期の英才教育にある。
3.天才児を育てたいなら幼児教室がおすすめ。

当記事では、天才児と呼ばれる子供を育てる方法について解説します。
結論から言えば、天才児の育成の秘訣は、赤ちゃん・幼少期の英才教育にあります。

英才教育と言っても、特別な教師を雇って、子供の習い事に多額のお金をかける必要はありません。
赤ちゃん・幼少期の子供の脳の発達について把握しているプロの講師に教えてもらうだけで、その後の子供の能力の発達の仕方がかなり違ってきます。

口コミでも評判になっている人気の幼児教室の幼児教育ならば、子供の脳の発達を促し、能力を最大限引き出してくれるでしょう。

こちらのページで、実績がある人気の幼児教室の一覧を掲載していますので、もし、興味がありましたらぜひご覧になってみてくださいね。

おすすめの幼児教室一覧を確認する

それでは、天才児を育てる方法について詳しく解説していきます。

天才児を育てる方法とは

da3d2eb0a975f0c025a53ff419ce430b_s

「私は普通の人間だけれど、子供は天才になってくれたら……」
私を含め、そう願うママさん、パパさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

天才でなくともせめて秀才でさえあれば、厳しい社会に出てもコンプレックスに苛まれたり、ひどい苦労をしたりせずに生きていけそうですよね。
天才であれば、きちんと人並みに、あるいは人並み以上にお金を稼ぐことができ、食べるものに困ったり、生活に困ったりすることもなさそうです。

でも、子供を天才児に育てる方法なんてあるのでしょうか。

先ほども申し上げましたが、子供を天才児に育てる方法はあります。
絶対に天才児になるという保証はできませんが、少しでも天才の持つ脳に近づけることは可能です。

子供を天才に育てる鍵は、幼児教室による幼児教育にあります。

天才児の育て方の秘訣は赤ちゃん・幼少期の英才教育にある

天才児の育て方の秘訣は、赤ちゃん・幼少期の英才教育にあります。

赤ちゃんや幼少期に英才教育にあると言っても、そんなちっちゃい時期にお金をかけて教育を施したって、どうせ赤ちゃん・幼児は覚えていないんじゃないの?? と懐疑的なママさん、パパさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。

実は、人間の脳は3歳児までに80%完成し、6歳児までに90%が完成します。
したがって、0歳~6歳の間に適切な教育を受けさせてあげれば、脳や運動能力が著しく発達し、自分の能力を最大限に引き出すことができるようになるんです。

だからこそ、赤ちゃん・幼少期には幼児教室で英才教育を受けさせてあげることをおすすめします。
お子さんの脳の発達が完了する大切な時期ですから、その脳力を限りなく発達させられる教育で、お子さんの持つ才能を伸ばしてあげられるようにしませんか。

たとえば、おすすめの幼児教室としてはめばえ教室があります。
めばえ教室は月額料金が安い上に、教育内容も優れているという口コミで知られている幼児教室です。

すみと画像8-3

やっぱり、めばえ教室の一番のメリットは、幼児教室業界でもトップレベルのコストパフォーマンスの良さです。
少ない人数の子供に2名の講師(先生)がつきますので、子供一人ひとりの学習スピードに応じて、じっくりと教えてあげることができるでしょう。

天才児を育てるとか秀才児を育てるとか言ってしまうと、厳しい英才教育が必要になるのではないかと心配するママさんもいらっしゃいますが、そんなことはありません。

めばえ教室のコンセプトは、子供が楽しいと感じる教育です。
子供に負担をかけることなく、興味に応じて脳の基礎能力を高めていくことで豊かな表現力を養っていきますので、自然な形で子供の力を高めていくことができるでしょう。

めばえ教室は無料体験コースも体験できるので、入会する前に教室や講師の雰囲気を確認しておくことができるのでおすすめです。

めばえ教室の詳細はコチラ

あるいは、めばえ教室よりも若干価格は張りますが、TOEベビーパークについてもおすすめです。

すみと画像13-1

TOEベビーパークは、月額料金や入会金に関しては、めばえ教室より若干高めですが、更に細かいところまで手の行き届いた教育が期待できるでしょう。
ベビーパークの強みは親子教育なので、ママさんは育児のノウハウを身に付け、お子さんはバランス良く能力のアップを図ることができます。

ベビーパークは、幼児教育で赤ちゃん・幼少期の子供に大切なのは0~3歳までの教育としています。
そんなベビーパークの通室歴が2年以上のお子さんの場合、IQの平均値が150を超えており、ベビーパークに通っている期間が長ければ長いほどにIQ値が高くなる傾向にあります。

ちなみにIQ140以上は、人類の最優秀層とされており、様々な分野で目覚ましい活躍をすることが期待できるでしょう。

ベビーパークの通室歴6カ月以上
~12カ月未満
12カ月以上
~24カ月未満
24カ月以上
3歳児のIQ平均値130.2132.8137.4
4歳児のIQ平均値138.5143.6147.4
5歳児のIQ平均値--150.9

ベビーパークにも、めばえ教室と同じように体験コースがあるので、まずは教室や講師の様子を見てからにしたい人にもおすすめです。
ベビーパークの0~3歳の体験コースは有料ではありますが、WEBからの申し込みの場合は、通常8640円かかるところを1000円で受講できます。

有料だけあって、ベビーパークの体験コースは非常に内容が詰まっており、2回コースです。
まず、最初に育児勉強会があり、その次に実際にフルレッスンがあります。

育児勉強会では、講師が0歳~3歳児の教育のあり方やレッスンの内容を説明してくれるので、どのような意図でレッスンが行われているかを深く理解することができるでしょう。

次のレッスンでは、マザーリングと子供のフルレッスンを行います。マザーリングでは、育児に役立つノウハウを身に付け、家に帰ってからも役立てることが可能です。

ベビーパークの体験コースは、通常の幼児教室の無料体験コースと比較するとかなり濃密です。

ただ、教室や講師の雰囲気を知るだけでなく、育児のノウハウも教えてもらえるのでママさんはより多くのことを身に付けて育児に望むことができるでしょう。

同じ時間を費やすならば、1000円くらいかけてベビーパークを体験コースを受けた方が、ママさんもお子さんも2倍に得ですよね。

TOEベビーパークの詳細はコチラ

いかがでしたでしょうか。

もし、天才児を育てる方法を探しているのでしたら、子供は赤ちゃん・幼少期の英才教育が一番大切です。

子供の教育でしたら、めばえ教室やベビーパークのような赤ちゃんや幼児の教育に特化して幼児教室を頼ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です