小学校受験の時はどこの幼児教室を選べば良いか?

この記事を3点でまとめると…
1 小学校受験は学習塾より幼児教室がおすすめ
2 幼児教室のお受験対策方法は?
3 お受験カリキュラムのある「どんちゃか幼児教室」が合格の近道

最近の小学校入試の傾向は、ペーパーテストが少なくなり、行動観察が重視されています。これは、学校での「総合学習」の授業や、大学受験でAO入試、推薦入試が増えている傾向とも一致しています。

しかし今、「学力低下」が大きな問題となり、国立大学の医学部でも高校の復習を行うところが多くなりました。優秀な学生の中には、日本の大学に見切りをつけ、海外の大学に進学する人も増えてきました。

今、こうした状況に危機感を持ち、ペーパーによる読解力、思考力、表現力の基礎訓練を見なおし、「学力低下」に歯止めをかけようとする私立小学校が少しずつでてきています。

少子化の中で、学校が生き残るためには、勉強が得意な生徒を集めることが一番大切になるからです。

小学校受験は学習塾より幼児教室

幼児教室は現在少しずつですが、受験コースなるものを設置するところが増えて来ています。これは「受験対話」の指導、教育を、もっと積極的に行うことの重要性が、多くの幼児教室が取り入れる運びとなったのです。

基本的に幼児教室の個別指導コースでは、ベテラン講師たちが、大学生講座や社会人講座の講師と連携をとり、大人の実態を踏まえ、これから小学生になる子供達が、何を身につけていることが最も重要なのかを研究した上で、カリキュラムを作っているのです。

幼稚園から小学校に上がる時の重要度は人生のターニングポイントと言っても過言ではありません。重要性を重視した上で、現在の幼児教室は、下手な学習塾よりも優れているといった口コミもあるほどです。

あくまで有名小学校に合格することは、一つの通過点にすぎません。しかし親御さんは、社会の変化の中で、お子さんの将来を考え、まず長期的な家庭教育の方針を今のうちから決定しておくべきと考えます。

一つだけ言うのであれば、間違いなく学習塾より幼児教室の方が伸びしろも存在し、講師の先生方のレベルも高くなってきていると言えます。

幼児教室ではどような受験対策を行っているのか?

幼児教室では、専門の講師が、入学試験で小学校の先生が合格者に求める、お行儀や考え方、問題の解き方を丁寧に指導しています。

一人ひとりの個性を大切に伸ばしながら、光塩女子学院、暁星小学校、聖心女子学院、白百合学園、立教女学院、などの超有名小学校に合格できる力を育てます。

とりわけ集団授業で勉強をしているのに、成績が上がらない子供は、先生の話を「どのように聞いたらいいのか分からない」というケースが多いのです。

幼児教室における「受験対話」のレッスンでは、先生の話を正確に聞けるような訓練を行っています。「耳の良い子」つまりここでは「人の話を聞ける子」に育てることで、自然と学力も身に付いて勉強ができるようになる教育を行うのです。

まずは、じっくり大人と向き合う「個別授業」で、成績をアップさせて合格を目指すのです。本格的に勉強を始める時期は、お母さんの考え方によって、各家庭それぞれ異なります。

つまり「出遅れた…」や「スタートが遅かった…」などの考えは持たなくて大丈夫です。幼児教室のベテラン講師のきめ細かな指導で、子供も勉強することがどんどん楽しくなってきます。

幼児教室おすすめ一覧はコチラ

小学校受験は「どんちゃか幼児教室」がベスト

それでは実際にどこの幼児教室を選べばいいのか?という話ですが、受験には人間力が必要となってきます。

冒頭でもお伝えしましたが、最近はペーパーテストより行動観察などをよく確認されるケースが多いのです。

面接時は当然ですが、試験中、試験合間の休憩時間なども試験管は子供達を見つめています。子供達の観察を行っているのです。

ちなみに「行動力」「人間力」を育てると言えば「どんちゃか幼児教室」も大変好評な幼児教室ですね。子供を優先に考えて、子供の可能性を引き出す教育を目指しています。

子供と講師が向き合い学ぶ姿勢は幼児教室の中では群を抜いてトップクラスのものと言えます。もちろん受験組の家庭も毎年のように利用者が存在しております。

どんちゃか幼児教室は「人前力」「競争心と思いやり」「思考力と理解力」「集中力」「勇気とガマン」などのテーマを掲げて、近い将来社会に出て活躍できる人間作りをモットーとし、教育にあたっています。

数多くの名門小学校への輩出もなされていますし、今後もお受験組にとっては力強い味方になってくれること間違いありません。

どんちゃか幼児教室の詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です