ICE幼児教室(アイシーイー)の口コミ評判と月謝(費用・授業料金)を他社と比較

この記事を3点でまとめると

1.ICE幼児教室は幼稚園や小学校の受験特化の幼児教室。
2.ICE幼児教室は月謝が高い。費用を抑えたいなら大手の幼児教室の方がおすすめ。
3.ICE幼児教室は教室の数が少ないため、めばえ教室やTOEベビーパークなど教室が多い所から探した方が近場の教室が見つかりやすい。

ICE幼児教室(アイシーイー)といえば、幼稚園や小学校の受験対策がある幼児教室です。
今回の記事では、ICE幼児教室(アイシーイー)が他の幼児教室と比較してその口コミ評判や月謝(費用・授業料金)、サービス内容がどうなのかを解説します。

結論から言えば、ICE幼児教室(アイシーイー)は、他の幼児教室と比較すると月謝(費用・授業料金)は高めです。

なので、月謝(費用・授業料金)を抑えつつ、幼稚園や小学校の受験対策をしていきたいという方には、他の幼児教室の方がおすすめかもしれませんね。

大手ならば、めばえ教室やどんちゃか幼児教室がおすすめです。

めばえ教室ならば全国に250教室あるので、近場の教室が見つけやすいですし、無料体験コースもあるので初めての人も安心です。

めばえ教室の詳細はコチラ

0~3歳のお子さんがいる方には、どんちゃか幼児教室を選ぶという選択肢もありです。

どんちゃか幼児教室は、教室自体は少ないですが、東京や神奈川に自宅がある人なら通える人も多いと思います。

どんちゃか幼児教室も、めばえ教室と同じように無料体験申込みコースがあり、資料請求も無料ですので、もし、気になったのであれば利用の検討をしてみてはいかがでしょうか。

どんちゃか幼児教室の詳細はコチラ

ICE幼児教室(アイシーイー)とは

ice

さて。そもそも、ICE幼児教室(アイシーイー)とは、どんな幼児教室なのでしょう。

大切なお子さんを幼児教室に通わせることを検討している方は、まず、ICE幼児教室(アイシーイー)がどんなところなのかが知りたいはずです。

ICE幼児教室(アイシーイー)の特徴を簡潔に説明してしまえば、こちらの幼児教室は、幼稚園や小学校の受験に特化した教室です、

ICE幼児教室(アイシーイー)は、幼稚園や小学校の受験で最も重要視される課題は、行動観察であると見ています。

名門の幼稚園や小学校に入園・入学するためには、子供はコミュニケーションや身体表現、手先の器用さなどいろいろな形で、観察力や思考力、判断力、社会性の伴った自己を律する能力が必要です。

ICE幼児教室(アイシーイー)の授業は、観察力や思考力、判断力、自律能力を養うことに役立ちますが、その雰囲気はICE幼児教室(アイシーイー)の公式ホームページを見て頂ければ分かるように、少しばかり堅苦しいものがあるかもしれません。

そういった意味では、0歳~6歳というまだ小さな時期にいきなり受験受験といったものばかりを意識してICE幼児教室(アイシーイー)へ通わせるよりは、受験だけでなく総合的に能力を高めてくれるめばえ教室やどんちゃか幼児教室、TOEベビーパークを選ぶというのも選択肢の一つです。

たとえば、めばえ教室の教育コンセプトは、子供が楽しいと感じる教育を通じて、脳の基礎能力を磨き、豊かな表現力を身に付けることです。

7歳までは、脳が一番成長する大事な時期ですので、めばえ教室なら子供の楽しいという気持ちを引き出して、子供に無理な負担をかけることなく観察力や思考力、判断力を高めていくことができるでしょう。

めばえ教室の詳細はコチラ

ICE幼児教室(アイシーイー)の口コミ評判

ICE幼児教室(アイシーイー)の利用を検討している方の中には、口コミ評判が気になっているという方もいらっしゃるはずです。

なので、ICE幼児教室(アイシーイー)を利用したママさんの口コミ評判を紹介します。

ICE幼児教室たまプラーザ教室の口コミ評判

ice口コミ
利用した教室ICE幼児教室たまプラーザ教室
親の性別女性
親の年齢30代前半
親の職業専業主婦
子の性別男の子
子の年齢5歳

【ママさんのICE幼児教室たまプラーザ教室の評価】

講師:C
カリキュラム・教材:B
幼児教室の環境:B
幼児教室の周辺環境:B
料金:D

【講師・指導内容】
バランスが取れていると思います。
幼稚園や小学校の受験の対策のみを目的にして子供を通わせるならいいのではないかと。
面接の練習があったので、助かりました。
ただ、もうちょっと子どもに伸び伸びとさせてくれてもいいかな、という気もします。

【カリキュラム・教材・授業内容】
子どもによって能力や得意なところって違うと思うのですが、ICE幼児教室は子どもに寄り添って、きめ細かい指導をしてくれるので安心しました。
椅子に座って授業を受けるだけでなく、体を動かすこともするのでメリハリが効いた授業でした。

【幼児教室の環境】
広い部屋で勉強できるので、狭苦しさは感じませんでした。騒音も聞こえず、授業に集中できる環境だと思います。床や壁も綺麗で、よく掃除されているのが好印象でした。

【幼児教室の周辺環境】
車通りも少なく、駅からも近いので通いやすかったです。私は車で通っているのですが、近くに駐車場もあり、通うことについては特に苦労を感じませんでした。

【月額料金】
全体的に料金は高いです。複数の講座を取ると、1年でちょっとした値段の自動車が買えてしまうくらいの出費となります。面接の練習も1回するごとに料金が発生するので、これで、幼稚園や小学校の面接に落ちてしまったら……と思うと、結構、リスクかなーと感じています。
これなら、あらかじめ、料金が安めのドラキッズやめばえ教室を利用するという選択肢もあったかも。

いかがでしたでしょうか。
↑の口コミ評判は、ICE幼児教室の利用者の中でも特に代表的な口コミ評判となります。

やはり、ICE幼児教室は名門幼稚園や小学校の受験通過の実績はあるものの、その月謝(費用・授業料金)はかなり高めで、もし、本命の幼稚園や小学校の受験に落ちてしまったらと考えると気が気でないママさんもいらっしゃるようです。

では、そんなICE幼児教室の月謝(費用・授業料金)はどのくらいになるのでしょうか。

ICE幼児教室(アイシーイー)の月謝(費用・授業料金)

口コミ評判で高い高いと言われるICE幼児教室(アイシーイー)の月謝(費用・授業料金)はどのくらいなのでしょうか。

実は、ICE幼児教室(アイシーイー)の公式ホームページへいってみても、月謝(費用・授業料金)は明らかにされていないんですよね。

ただし、金額を明らかにしている利用者の口コミ情報もあります。

それによれば、ココだけの話ですが、ICE幼児教室(アイシーイー)の入会金は50000円もかかり、月謝(費用・授業料金)も幼稚園受験コースの場合、毎月30000円ほどかかるようです。

また、他にも幼稚園別で特別なコースがあり、そちらは特定の月に隔週~毎月3回ほどの頻度で授業があります。

受験コースは、受験に特化したコースであり、これだけだと受験勉強だけでお友達ができにくいです。なので、そこに総合コースを利用すると月謝(費用・授業料金)がさらに20000円近くプラスされることになります。

こうなってしまうと、毎月、かなりの月謝(費用・授業料金)がかかりますから、多大な学費をかけたけれど、幼稚園や小学校の受験に落ちてしまった、という場合、かなり怖いですよね。

ICE幼児教室(アイシーイー)の月謝(費用・授業料金)を知って分かる通り、できるだけコストを抑えて、幼稚園や小学校の受験対策のために子どもを幼児教室に通わせるのであれば、教室選びは熟慮する必要があります。

めばえ教室の場合は、ICE幼児教室(アイシーイー)と比較して入会金や月謝(費用・授業料金)は格段に安いです。

めばえ教室の月謝(費用・授業料金)は以下のようになっています。

【めばえ教室の知能教育コース】

コース年齢入会金月謝教材費授業の時間
にこっとクラブ1~2歳新コース特典5,800円10,000円40分授業
無料(税別)(税別)1ヶ月に3回
プレめばえコース2~3歳6,000円6,500円39,800円50分授業
(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~
めばえコース3~4歳6,000円6,500円39,800円50分授業
(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~
ふたばコース4~5歳6,000円6,500円39,800円50分授業
(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~
わかばコース5~6歳6,000円6,500円39,800円50分授業
(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~
あおばコース7歳6,000円6,500円39,800円50分授業
(小2以上)(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~
きらめきコースあおば修了生6,000円7,500円30,000円60分授業
(税別)(税別)(税別) 一括・分割払い年間42回~

【めばえ教室の英会話コース】

コース年齢入会金(税別)料金(月謝)(税別)教材費(税別)年間運営費(税別)授業時間
PS プレスプラウツ0~1歳6,000円7,400円9,400円18,000円45分授業 年間44回
SP スプラウツ2~3歳6,000円7,400円21,000円18,000円55分授業 年間44回
YL ヤングリーブス4~5歳6,000円7,400円21,000円18,000円55分授業 年間44回
BL ブロッサムズ小学1~6年生6,000円7,400円21,000円18,000円55分授業 年間44回

めばえ教室の場合、受験特化ではありませんが、バランス良く脳の基礎能力を高め、豊かな表現力を習得させてくれます。

もし、自分の子供を本命の幼稚園や小学校に通わせてあげたいのなら、自分で受験や面接対策の情報を調べて予習していくというのもありではないでしょうか。

ママさんは、本命の幼稚園や小学校の情報を収集し、受験の口コミ情報を集めたり、入園・入学した知り合いにどんな試験や面接があったのかをリサーチすれば、自分自身で対策を考えることができます。

それに加えて、めばえ教室で子供の基礎能力、能力を引き出してあげて受験や面接に望めば、幼稚園や小学校に入れる可能性も格段に上がりますよね。

めばえ教室の詳細はコチラ

ICE幼児教室(アイシーイー)に通信教育・教材はあるか

ICE幼児教室(アイシーイー)に通信教育・教材はあるのか、という質問ですが、結論から言えばありません。

ICE幼児教室(アイシーイー)は、通信教育・教材がありませんので、もし、ICE幼児教室(アイシーイー)の幼稚園や小学校受験の対策を通信教育で受けたかった、という人は別の幼児教室か、通信教材を見つけるのが良いと思います。

通信教育の特徴は、幼児教室に行かなくてもレベルの高いレッスンが受けられることと、幼児教室で直接講師の先生に教わるよりも月謝(費用・授業料金)が格段に安いことです。

なので、もし、子供を幼児教室に通わせる時間的な余裕がないのなら、通信教材を利用するのも良いと思います。

たとえば、幼児の通信教育として一番人気なのは、小学館の通信添削学習 ドラゼミです。

ドラゼミはドラえもんのキャラクターが使われているので、お子さんも抵抗感なく勉強の世界に入っていけるのではないでしょうか。

ドラゼミは毎月2000円以下でお子さんに自宅でハイレベルの教育を受けさせることができます。
また、ママさん、パパさんと一緒に楽しんで学んでいくので、お子さんにとっても大切な思い出になるでしょう。

ドラゼミの詳細はコチラ

あるいは、ICE幼児教室(アイシーイー)の幼稚園や小学校受験に特化した教育を、料金が安い通信教育を受けたかったという人は、めばえ教室の授業を受けながら、ママさん独自で本命の幼稚園や小学校の面接について調べて対策をするのも良いと思います。

最近では、受験や面接の情報もインターネットで調べれば載っていますし、受験・面接と2つのポイントで対策を立てることができれば、高額な受験特化の幼児教室に入らなくても十分に入園・入学できるのではないでしょうか。

ただ、それとは別に、名門の幼稚園や小学校に子供を入れたいという方は、やはりお子さんの総合的な能力を高めておいた方が良いと思うので、コストパフォーマンスの良い幼児教室には入れておくのがおすすめです。
めばえ教室の詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です